鴟尾 製作

こんにちは、昨年のお仕事ですが奈良桜井市の曹洞宗の寺院からの依頼で

鴟尾を制作いたしました。

明治の廃仏毀釈により途絶えた寺院の150年ぶりの再建です。

色々な方のお力添えがあり立派に再建されました。

落慶法要はコロナ禍のため延期されていますが落ち着いたら

行われるようです。

 

今回の建物は飛鳥様式で珍しいく、鴟尾の製作の機会も

限られます。

鴟尾の製作は何度か機会がありましたが流れてしまい

今回初めて作らせて頂きました。

大きさは高さ80cmほど青銅鋳物製です。

建物は低層ですが山の上なので避雷針が付いております。

内部も工事が終わり、本尊や天井絵、フスマの準備も

行われており落慶を待つのみですね。

今回お話をお聞きして建て替えではなく

一からの寺院の再建は本当に色々な方々の

大変な努力が必要なんだと思い、

その思いを感じながら製作しました。

これから長く受け継がれることを願っております。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。