‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

鯛の塩釜焼き用銅型

2021 年 2 月 4 日 木曜日

こんにちは 、今回は鯛の塩釜焼きを作るときに使われる

銅製の雌型の紹介です。

鯛を丸ごと1匹、お塩で閉じ込めた鯛の姿を造りを

丸ごと窯で焼くお料理です。

今まで一度か二度、お祝いの席で木槌で割って

食べた記憶があります。

中の鯛の身がふっくらして美味しかった。

今回、市内の日本料理店にご依頼を受け製作してみました。

この銅製の雌型に鯛を塩で圧縮して形を作ります。

型から外しオーブンで蒸し焼きにしていきます。

今までは塩で鯛を包んで作っていたそうですが

作れる方が1名で休まれた時や忙しい時は

大変だった様です。

この型が有れば簡単に早く出来るのではないかと

相談を受けました。

どうしたら良いか色々考え、この様な形になりました。

ちゃんと綺麗に焼けるといいですね

何かお祝い事があったらぜひ食べてみたいと思います。

今、飲食店さん大変な時ですが

みなさん本当に仕事熱心で

頑張って欲しいです。

 

 

個展

2021 年 2 月 1 日 月曜日

こんにちは、緊急事態宣言が発令注ですが

若手職人が名古屋にて2回目の個展を開催します。

場所は名古屋市中区千代田4−26−1

GOLDEN CHILD CAFE

明日2月2日より3月31日まで上記にて開催します。

駐車場もありお洒落な感じので食事やお茶もいけるようです。

仕事に子育てに忙しい中、なかなか個性的な激しい絵を描いております。

20くらい描いたようですが、まだ見ておりませんので

批評は出来ません、近々行ってまいります。

世の中何でも自粛傾向ですが

この様に前向きに行きたいですね。

2月もがんばっていきましょう!

 

 

明智光秀 銘板

2020 年 6 月 11 日 木曜日

こんにちは、大河ドラマは一時中断になってしまいましたが

明智光秀のステンレス銘板を製作しました。

大きさは670x520、結構大きいです。

写真は傷、汚れ防止のため青いフィルムが貼ってあるため

よく分かりませんが設置後剥がします。

設置後の写真をまた紹介いたします。

合わせて英語版も製作

本体の銅像はもう製作済みです、こちらもまたご紹介させていただきます。

6月13日が除幕式、大河ドラマの中断と重なってしまい、

非常に残念ですが早期の再開を楽しみにしています。

 

 

 

竜の口

2020 年 1 月 21 日 火曜日

こんにちは。 どの業界も一月二月は少し落ち着いてますよね

仏具の業界もやはりそうです、昔から

その時に今まで行えなかった事をテキパキと進めていきたいものです。

今回は竜の口を制作しました。

今回は五本指の龍です、原型を三本指から五本に変更です。

五本の方が位が高いようです。

全身龍も全て五本指に変更、結構原型変更も大変です。

地面との接地が苦労しました。

五本指の竜の口はあまり見たことがありません、レアな竜の口です。

水吐きのテストをして終了です。

 

会場の様子 東急ハンズ渋谷店

2019 年 1 月 28 日 月曜日

2月3日まで開催中です!

おかざき匠の会 大岡崎「匠」展。

会場はこんな感じで商品が陳列されてます。

ワークショップもあり盛りたくさんです。

おかざき匠の会大岡崎『匠』展 東急ハンズ渋谷店

2019 年 1 月 27 日 日曜日

おかざき匠の会 大岡崎『匠』展

東急ハンズ渋谷店にて始まっております。

色々な業種の商品が並んでおります、一度ご覧ください。

中日新聞にも掲載していだだきました。

ブロンズ製、金色のシャチホコをぜひご覧になってください!

 

 

おかざき匠の会 大岡崎『匠』展

2019 年 1 月 20 日 日曜日

来週 1月22日より2月3日まで東急ハンズ渋谷店にて

おかざき匠の会 大岡崎『匠』展が開催されます。

色々仕事の合間に準備を進めてましたが

やはり最後は突貫作業になってしまいました

 

しゃちほこ

 

ブロンズタイル

 

五鈷杵

 

お茶杓

こんな感じで試作のつもりで色々作ってみました

一度ご覧ください。

あけましておめでとうございます

2019 年 1 月 3 日 木曜日

新年あけましておめでとうございます。

皆様にとって素晴らしい1年となりますように!

 

昨年は仕事も私生活も大きな変化があり、ブログ更新が滞りました。

今年は心機一転、ブログを更新します。

 

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

天水桶② 東京浅草

2018 年 3 月 5 日 月曜日

東京、浅草にあります本龍院「持乳山聖天」様の天水桶の製作過程です。

まずは原型製作です。

天水桶の印されてあります巾着や大根の印部分を粘土で作ったところです。

その後、鋳物に仕上げます。

仕上げする前、表面が荒い状態です。

これらを磨き、着色して印部分は金箔仕上げとなっています。

 

天水桶① 東京浅草

2018 年 2 月 13 日 火曜日

こちらも昨年末の仕事です。

浅草にある本龍院「持乳山聖天」様の天水桶を制作させていただきました。

こちらが納品、設置後の天水桶です。

この天水桶は独自のデザインで聖天様仕様となっております。

天水桶の印されてあります大根や巾着は御心信されて祈願することによって得られる

そのご利益を表されています。

新しくなる前の天水桶です。↑

古い天水桶はコンクリート製で傷みが激しく、水漏れ等あり使用できない状態でした。

かなりの傷みでした。(こちらは巾着の印ですね)

こちらの古い天水桶を取り壊し→基礎→石台の設置という大変な作業でした。

(トラックもクレーン車も入れない場所に設置されていたのですべてが手作業)

岡崎の石屋さんの職人さんたちが壊し、壊した大量の屑もすべて人力で撤去。

大変な労力でしたが、どこの職人さんもみなパワフルです。

 

次回は鋳物に仕上げる工程から設置までをお伝えします。